NURO光基本情報

NURO光とセットで永年毎月501円割引!NUROでんきが提供開始されたよ!

電力自由化によって、いろんな企業が電力事業に参入していますが、そこについにNUROも仲間入りです!

NUROでんき」が一部地域を除く北海道・関東・東海・関西・九州エリアを対象にリリースされました。

そこで、このページでは新たに始まったNUROでんきとNURO光のセット割引の情報を中心に、さらにお得にNURO光を利用する方法をご紹介したいと思います。

カバくん
カバくん
NUROでんきを利用すると、NURO光がさらに割引されちゃうよ

サイくん
サイくん
元から安いのに、これ以上安くなってしまうのか

NUROでんきとは?

2016年4月の法改正によって、それまで一般電気事業者、いわゆる電力会社に独占されていた電力小売サービスが全面自由化されました。

それにより、様々な企業が電力小売サービスに参入していますが、NUROでんきはその名の通り、NUROによる電力小売サービスです。

カバくん
カバくん
電力会社が作った電気をNUROが代わりに売ってくれる感じだね

サイくん
サイくん
電力自由化ってそういうことだったのか

電力サービスの品質や信頼性は電力会社と同じ

今までずっと電力供給を担ってきた電力会社と違って、何のノウハウもない新参企業がいきなり電気というライフライン事業に参入して大丈夫なの? と誰でも不安に思いますよね。

でも実際のところ、NUROでんきの品質や信頼性はこれまで使っていた電力会社と何も変わらないんです

NUROでんきと契約しても、発電や送電はすべて各地域の電力会社が行います!

電力自由化によって自由になったのは、電力の小売、つまり販売の部分だけ。電気を発電したり、送電したりする部分は今まで通り、東京電力や関西電力など、従来の送電網が行います

だから、品質や信頼性に変化はないんですね。

カバくん
カバくん
電気を買う窓口が変わるだけで、ライフラインとしての信頼性は担保されてるんだよ

サイくん
サイくん
なるほど! それなら安心だな

NUROでんきの提供エリアは?

NUROでんきは、一部地域を除いてNURO光と同じ北海道・関東・東海・関西・九州エリアで提供されています。

具体的には、以下の通りです。

NUROでんき提供エリア

北海道

関東
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬

関西
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良

東海
愛知県、岐阜県、三重県、静岡県

九州
福岡県、佐賀県

カバくん
カバくん
ついに北海道も提供エリアに加わって、NURO光の提供エリアなら基本的にはどこでもNUROでんきを利用できるようになったね

サイくん
サイくん
NURO光の提供エリア自体も、どんどん拡大してほしいぜ!

 

NUROでんきは何がお得なの?

サイくん
サイくん
でも、そもそも電気を電力会社以外から買うメリットってあるのか?

カバくん
カバくん
その企業によって異なるけど、NUROの場合はNURO光とセットで契約すると、料金がお得になるよ

NURO光とセット契約でネット料金が永年毎月501円割引

NUROでんきとNURO光をまとめて契約すると、NURO光の月額料金が永年毎月501円割引される特典があります。

はっきり言って、電力小売サービスでNUROでんきを選ぶ理由はこれ一択です。

NUROでんきとのセット契約で割引が適用されると、NURO光G2Tプランの月額料金はなんと4,699円!

これは他社の光回線サービスと比べてもかなり安いので、すごくお得なセット割引だと言えます。

カバくん
カバくん
NURO光はその超高速回線の割に、価格が安くてコストパフォーマンスが高いことで有名だけど、その料金をさらに安くできてしまうんだ

サイくん
サイくん
すごいじゃないか! NUROでんきとセット契約で決まりだな!

電気料金も電力会社に比べてお得になりやすい!

NUROでんきのメリットはNURO光とのセット割引だけではありません。

電気料金そのものも、電力会社と直接契約している場合と比べてお得になりやすいのです。

カバくん
カバくん
東京電力・関西電力のそれぞれの料金と、NUROでんきの料金を比較してみよう

NUROでんきと東京電力の料金比較

基本料金
契約電流 料金単価(円)(税込)
NUROでんき 東京電力(従量電灯B)
10A 767.66 286.00
15A 901.49 429.00
20A 1,035.32 572.00
30A 1,302.98 858.00
40A 1,570.64 1144.00
50A 1,838.30 1430.00
60A 2,105.96 1716.00
電力量料金(1kWhにつき)
  料金単価(円)(税込)
NUROでんき 東京電力(従量電灯B)
最初の120kWhまで 19.78 19.88
120kWhをこえ300kWhまで 26.48
120kWhをこえ400kWhまで 25.79
400(東京電力は300)kWhをこえる分 30.57 30.57

 

NUROでんきと関西電力の料金比較

  単位 料金単価(円)(税込)
NUROでんき 関西電力(従量電灯A)
最低料金(最初の15kWhまで) 1契約 785.00 341.02
電力量料金 15kWhをこえ120kWhまで 1kWh 20.31 20.32
120kWhをこえ300kWhまで 25.80
120kWhをこえ360kWhまで 24.75
360(関西電力は300)kWhをこえる分 29.29 29.29
サイくん
サイくん
ちょっと待ってくれ、基本料金からしてNUROでんきのほうが全然高くないか? ネットの501円割引を差し引いてもトントンくらいじゃないか!

カバくん
カバくん
一見そう見えるよね。でも実際の電気代ベースでは、1kWhあたりの単価が安い分だけ、NUROでんきのほうが安くなりやすいんだ

NUROでんきは単価が安い

NUROでんきの電気料金と、東京電力・関西電力のそれぞれの料金を比較した場合、まず基本料金の違いが目につきますよね。

NUROでんきの方が軒並み400円ちょっと高くなっていて、これではNURO光が毎月501円割引されてもあんまり意味がない! と思ってしまうかもしれません。

ですが、実際に使用した電力量に応じて発生する電力量料金の単価ではNUROでんきのほうが安くなっています

たとえば、総務省統計局の家計調査データによると、2018年における二人以上の世帯の月間平均電力使用量は408kWhとなっていますが、この電力使用量で電気代を比較してみると、以下のようになります。

関東(40A契約408kWh) 関西(408kWh)
NUROでんき(関東) 東京電力(従量電灯B) NUROでんき(関西) 関西電力(従量電灯A)
11,410円 11,598円 10,263円 10,282円
サイくん
サイくん
なるほど、たしかに実際の電気代ではNUROでんきのほうが安くなりやすいんだな

カバくん
カバくん
電気代自体もお得になる人が多いと思うから、一度先月の請求書とかで試算してみるといいかもしれないね

特に、電力使用量300kWh以上400kWhまでの単価が、東京電力・関西電力と差が大きい部分なので、毎月の電力使用量が平均して400kWhに達しているご家庭では、NUROでんきのメリットをしっかりと享受できると言えるでしょう。

NUROでんきは申し込みも簡単!

NUROでんきの申し込みは、NURO光の申し込みとまとめてWeb+書類送付だけで完了するのでとっても簡単です。

  • 申し込みはWeb+書類送付
  • 電力会社への解約手続き不要
  • 手数料なし
  • 工事なし※自宅の電気メーターがスマートメーターでない場合は工事が必要になります(原則無料)

ちなみに、解約時の違約金もないので安心ですね。

サイくん
サイくん
面倒な手続きとか、手数料や工事がないのは嬉しいな

カバくん
カバくん
その分気軽に申し込めるし、それで電気代もネット代も安くなるなんて大助かりだね

こちらのリンクからNUROでんき公式ページに行けますので、ご自分の環境だとどれくらいお得になりそうか、検討してみてはいかがでしょうか?

 

そして、NURO光に申し込むなら公式の45,000円キャッシュバックキャンペーンを利用するのがおすすめです!

NURO光公式の45,000円キャッシュバックでの申し込みは限定ページから!

NURO光の45,000円キャッシュバックキャンペーンを利用して申し込みをするには、公式サイトの特典窓口からではなく、専用のキャンペーンページから申し込む必要があります

こちらのリンクから移動できますので、お得なキャッシュバックを逃さず活用して、NURO光の超高速インターネットを満喫しちゃいましょう!

 

45,000円キャッシュバック申し込みページ

 

こちらの記事で、NURO光への申し込み方法を詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

NURO光
NURO光